2020年終わるってよ。

2020年も終わり

歳をとるごとに1年の記憶が朧げになっていく気がするんだけど、本当に歳のせいなのか毎日漫然と過ごしているせいなのかは不明。

この記事も仕事納めてからずっと書こうと思ってはいたけど、案の定最終日に書いている。ありがとう2020年、永遠に。

2020年はどんな年だったか

一番のトピックはやっぱり娘が生まれたこと。めちゃんこ可愛い。泣いてたら可愛くない。
自分の子だからって全てが可愛いわけじゃないんだなってことを、子をもって初めて知った。

仕事は4月に職位があがってお賃金も少しだけあがった。少しだけ。
それに伴って言い訳できなくなったのでストレスも激増した。1年を通して自由に動き回る(もしくは動かない)メンバーへイライラしていた気がする。
冷静になって考えると、仕事如きにそこまで目くじらたてることもないし、もっとうまくやれるようになればいいな。

2021年何をするか

そんなわけで来年は仕事においてもっと大らかに穏やかに、鈍感にやっていきたい。適当が一番いい。

大声で泣くことしかできなかった娘も僅か6か月で這い回るようになって、成長が楽しみ。来年はきっとトコトコ歩いてくれることでしょう。健やかに育ってほしい。

知らぬ間にRuby 3.0がリリースされていたりで技術的なことは全然できてないから、来年はもう少しアンテナ強度をあげてやっていきたいな。

そんな感じ。